フェイスブックが「買う」ボタンを試験導入

フェイスブックが新しいことを始めるようです。
それが、ページ内での「買う」ボタン。

フェイスブックを使ったことがある方なら知っていると思いますが、友人などの投稿とは別に広告などが掲示されているのを見たことがあると思います。

言ってみればフェイスブックはあの広告料を貰うことで運営している企業なのですが、今度はその広告に「買う」ボタンを取り付け、これまでの購買意欲を刺激するやり方から、広告から直接購買を促そうということを始めようとしています。

これは広告を出稿する企業としては嬉しい試みですが、フェイスブックを利用し閲覧する側からしたらどうなのでしょうか。普段スクロールをし軽く閲覧するだけの人も多いフェイスブックですが、そんな中で購買ボタンがあってもそこから購買に結びつくのか甚だ疑問です。

興味がある人なら通常の広告でもクリックしてページを遷移するでしょうし…。

もちろん広告のラインナップにもよります。

気軽に購入出来るようなものであれば買うボタンは良いかもしれません。
例えば、フェイスブックメッセンジャーで使うことが出来るスタンプなどで、100円や200円くらいのものであれば買うボタンで気軽に買うユーザーもいるかもしれませんね。

どのようなユーザーインターフェースとなるかはまだ分かりませんが、まずはアメリカで試験的に運用するようです。そこで評価を得られれば日本人向けにも買うボタンが付くかもしれませんね。

広告も日々進化していますよね。

これまではテレビCMの広告が主流でしたが、今ではインターネットなどに移行してきていますし、テレビ局はどんどん経営が苦しくなっていく時代になってしまいますね。

あとは新聞も、間もなく存在価値自体が無くなるかもしれませんね…。

最もお得な脱毛方法はコレです!

脱毛シーズン真っ只中!!
今年は冷夏なんて言われていますが、いくら冷夏とはいえやっぱり肌は露出してしまうと思いますので脱毛はしておかなければいけませんよね!

そこで最もお得な脱毛方法をここで教えちゃいたいと思います!

これまでは脱毛と言えば家でする人がすごく多かったんですけど、最近ではあまりお金の無い学生でも脱毛サロンに通うという事態が起こっています。

え!?
今の学生ってお金もちなの!?

いえいえ、そうではないんです。

実は脱毛サロンの価格がすごく下がっているんです。

この脱毛サロンの価格革命を起こしたのがミュゼプラチナムという、今トリンドル玲奈さんがCMをしている脱毛サロンなんです。

もしかしたらCMを見たことがあるという人もいると思います。

水色がイメージカラーのちょっと淡い感じのあのCMです。

どのくらい安いかはここで説明するより公式サイトをご覧頂ければすぐに分かります!本当にビックリするくらい安いですし、あぁこれなら学生でも脱毛サロンに行ける…と納得出来ると思います。

ミュゼに追随するかのように今では他の脱毛サロンもすごく安くなってきているのですが、会員数が200万人を突破したミュゼがやっぱりお勧めと言えると思います!

会員数が多いということはそれだけ実績と信頼があるということですからね。
ダメな脱毛サロンだったら退会する訳ですし、やっぱりそれだけ安心して脱毛が出来る証拠だと思います!

未だに家でカミソリを使って脱毛をしているのなら、時間ももったいないですし、肌にもすごく良くないので、是非ミュゼプラチナムを利用してみて下さい!

きっと行って良かったと思ってもらえると思います!

今年はミュゼで、いやこれからもミュゼで脱毛をしましょう!!
ミュゼは全国展開しているのでどの都市でも基本的には脱毛できますよ。

私の友人はミュゼ仙台に通っているって言っていました。
定員の対応も凄く良く気に入っているようです。

新幹線の駅名は揉めるんです!!

2015年に開業が予定されている北海道新幹線。
これは青森駅から札幌までを結ぶ新幹線で、これが開通すると本州から新幹線だけで北海道へ行くことが可能となり、かなりの需要が見込まれているものです。

そして、今話題となっているのが北海道新幹線で通過する各駅名の名前です。

最近決まった「奥津軽いまべつ」と「新函館北斗」という駅があります。

どちらも二つの都市名が合わさって出来た駅名だということは一目瞭然ですよね。

新幹線の駅名というのはものすごく権威が高いというか、市の威厳が上がるというか、とにかく市にとってはここに名前を入れるか入れないかというのは死活問題となってくると言います。

この例で有名なのが上越新幹線の「燕三条駅」ですね。

これも燕市と三条市が合わさって出来た地名ですが、実は新潟県において燕市の人と三条の人が仲が悪いというのは地元ではかなり有名な話です。その両者がどちらも新幹線の駅名を譲らず、どちらの市の名前を先に持ってくるかで揉め、最終的に決まったのが「燕三条駅」なんです。

ちなみに、その代わりに高速道路のインターでは「三条燕IC」となってて、新幹線とは逆になっているんですね…。ここまで来ると子供のケンカのようにも思えてきますが、新幹線の駅名だったり高速道路のインターチェンジの名前は色々と揉めるようですね。

北海道新幹線の駅名もこれで収束してくれればいいですが、新潟と同じように駅名とインターチェンジが逆になるようなことだけは止めて欲しいですよね。知らない人からすれば本当にややこしいだけなので…。

それにしても2015年の北海道新幹線は本当に楽しみです!
これが出来たら人生初の札幌旅行に行ってみたいですね!

韓国の客船沈没事故について

韓国で旅客船が沈没しました。
まだ安否不明の方が非常に多いです。
どうやらダイバーが船内調査を開始したのですが、まだ生存者は確認出来ていないようです。

「海猿」の世界ならなんとか生存者を見つけて助けるという流れになるのですが、
ノンフィクションの世界ではフィクションの世界とは違い思い通りには行きません。

ただ何とか生存者を見つけ救出してほしいです。
私の勝手な推測ですがまだ生存者は船内に残っており、一途の希望を抱いて待っている人がいると思います。

船内探索には危険が伴いダイバーの命も危険にさらされますがなんとか生存者を救出してほしいです。
船内には夢に満ち溢れた若くて尊い命があります。

何が何でも救出してほしいです。

正確な情報が分からない段階で意見することは問題がありますが、
船長やスタッフは乗客を助ける為に適切な最大限の努力をしたかどうかというところに疑問を持たざるを得ません。

一生懸命にがんばったのかもしれませんが、がんばるだけでは他人の命を預かるには不十分です。
不測の事態にしっかりと対応できるスキルがあって初めて人の命を預かることが出来る資格があると思います。

たとえがんばっていたとしても人の命を預かるのに足るスキルを万が一身に付けていないのであればそれは大きな問題です。船長や運営スタッフだけじゃなく運営会社の責任も重大です。

マスコミの情報を鵜呑みにするのも良くないですが、現在入っている情報では明らかに客船スタッフのスキルが低すぎるように感じます。まぁこのように事後的に批判しても失ったものは戻ってこないので不毛といえば不毛なのですが。

とにかくまだ希望はあります。絶対に救える命を救って欲しいです。

バストアップのサプリが流行っている

女性にとって胸が小さいという悩みは想像以上に大きいものらしいですね。
つい先日、バストアップの商品の営業をしている友人と会食をしたのですが、
ここ最近の売れ行きが非常に良いと言っていました。

数年で一気に市場が拡大したようですね。
ただ女性の悩みに付け込んだ詐欺的な情報商材やサプリメントも数多く存在するらしいので選ぶ際には注意が必要だとも言っていました。

まぁその人自身も営業なので自社製品については問題ないと言っていましたが、
そこはしっかりと自分で分析するしかないですね。

悩みを解決するうえで商品を選ぶ時は客観的な目線で選ばなければただのお金の無駄遣いになってしまいます。
そして多くの方が広告で謳っているような高い効果を実感することなく、そして悩みを解決できないまま終わってしまいます。

だからこそ、色々な情報を精査することなく右往左往することはやめましょうね。
しっかりと評判について調べ、成分について調べ、試供品や返金保証の商品などを探し、無駄なコストをかけないようにすることが悩みを解決するための商品を購入するうえでは必要な行動だと私は思います。

女性のバストアップというと今一番話題なのはプエラリアですよね。
私も最近プエラリアの存在をしったのですが、これも期待感は持てるけどもっと検証データが欲しいところですよね。

ただし、慎重になることは大切ですが、慎重にしすぎて何も行動を起こさないのはもっとダメですね。
チャレンジしてみることを前提で行動する。そして慎重に情報を取捨選択する。

そうすればバストで悩んでいる女性の多くが悩みを解消できるようになってくると私は思います。
今話題のバストアップサプリの市場が今後どのように拡大していくのか非常に興味があります。

男性の育毛剤の市場までには広がらないにしろ、一時的な大ブームはどこかできそうな予感がしますね。

アベノミクスとは

よく経済ニュースなどでアベノミクスという言葉を耳にすると思いますが、そもそもアベノミクスの意味をしっかり理解していますか?

こんなことを書いている私ですが、恥ずかしながらアベノミクスという言葉の意味をイマイチ理解していなかったので、今回は調べながらこれを読んでくれる皆様に分かりやすく伝えていきたいと思います。

まず、アベノミクスとは、2回目の就任が決まった安倍首相が掲げた、「3本の矢を柱とする経済政策」のことを言います。

では、その3本の矢とはなんぞや…ということですが、

①大胆な金融政策
②機動的な財政政策
③民間投資を喚起する成長戦略

の3つです。これがアベノミクスの3本の矢です。

それぞれの矢の詳細をお話すると余計分からなくなる人も多いと思いますので、ここはあえて割愛させて頂き、全てをひっくるめて分かりやすく説明しようと思います。

要するに、大胆な金融緩和を行い、デフレ不況と円高不況から脱却しようという試みなんです。

デフレ不況とは、お金の価値が上がり、物の価値が下がるということです。
あれ?それだと消費者にとって有利じゃん!と思いますよね?まさにその通りで、そうなることで価格競争が始まり、企業はものを売っても売っても薄利の状況になります。そうなると給与に反映出来なくなるので、消費者の給料は上がらず、それにより物も安いとはいえ売れなくなってしまう。これがデフレスパイラルというものです。つまりデフレ不況ですね。

そして、円高不況とは、円が高いせいで外国での日本製品が高く、外貨が得られない状況です。例えば、少し前まで1ドル=80円くらいで推移していましたが、今では1ドル=100円くらいですね。アメリカで日本車を300万円で車を売りたいとした場合、1ドル=80円の場合は37500ドル、1ドル=100円の場合は30000ドル。なんとたった20円の差で7500ドルも開きが出てしまうんです。これにより日本製品が売れないというのが円高不況です。

この2つを政治でなんとかしようというのがアベノミクスなんです。
なんとなく分かりましたかね。。

これでもうアベノミクスという言葉に怯えなくて済みますね!
とにかく、今後のアベノミクスに注目しましょう!

景気良くなればいいですね!

テレビCMの費用

最近巷を賑わせている日テレ系のドラマ「明日、ママがいない」…。

内容が抗議の対象となりスポンサーが次々と辞退し、
現在はスポンサーCMなしで放送をしている事態にまで発展しました。

テレビはあまり見ないので、この件についてはそこまで興味も無かったのですが、ちょっと気になったことがあったので調べたことがあります。

それは、タイトルにもなっている「テレビCMの費用」です。

スポンサーって一体どのくらいの費用を払っているのか…
というのがすごく疑問に思ってしまいまして。

で、調べたところ…

そこには視聴率が関係していたんです。

テレビCMは大体1回15秒です。
放送される時間帯にもよりますが、その相場は8~15万円くらいだそうです。
例えばゴールデンタイムなら15万円、深夜放送なら8万円といった具合でしょう。

で、ここに視聴率を掛けた数字がCMの費用となる訳です。

では例を一つ出してみましょう。

例えば、半沢直樹。

ゴールデン枠の放送ですから、相場のマックス額の15万円ということになります。
そこに視聴率40%を掛けます。
半沢直樹のドラマの合間に流れる15秒のCMの費用ということになります。

15万円×40=600万円

なんと、15秒のCMで600万円もの費用がかかる計算となります。。

でもこれは40%というものすごい数字の場合なので、
普通は良くても15%とかですから、高くても225万円程度になる計算となります。

つまり、視聴率によって、広告枠の料金が変わってくるということなんですね。

テレビ局が視聴率に躍起になるのも理由が分かります。
勿論、それに出演しているタレントさんのギャラも視聴率によって変わってくるのだと思います。

それにしても、半沢直樹で流れたCMが15秒で600万円。
1時間番組の場合、15秒のCMが24本流れるそうなので…

600万円×24=1億4400万円

すごい数字ですね。。
一回の放送で入ってくる広告収入が約1億5千万ですからね…。

テレビ業界ってすごいですね。。

医薬品の個人輸入代行

基本的に医者の処方箋が必要な医薬品は薬局や通販などでは手に入れる事は出来ません。
とはいえ、全く手に入れる手段がない訳でもありません。

個人輸入をすれば医者の処方箋がなくても医薬品を手に入れる事が出来ます。
ただ個人で個人輸入をするとなると手続きが面倒なので医者から処方箋を出してもらった方が楽だと言えます。

そこで最近はやっているのが医薬品の個人輸入代行業者ですね。
個人輸入の手続きを委託することが出来るので通販と同じ感覚で医薬品を個人輸入代行することが出来るんです。

これは非常に便利ですね。
面倒な手続きが全く不要なのはとても魅力的です。

ただ個人輸入代行業者の中には偽物を販売する悪質な業者も乱立しているので業者の見極めが大切です。
個人輸入代行業者の老舗であるオオサカ堂などを利用するのが一番クレバーな判断と言えるでしょう。

しっかりと成分鑑定書なども発行しているので正真正銘の本物が手に入ります。
ただ個人輸入が簡単に出来るからと言って、安易に個人輸入代行を利用するのは止めましょう。

取り扱うのは薬です。薬である以上、副作用に関する基礎知識がしっかりとなければ命に危険が生じるかもしれません。
今まで使用したことがある薬か医者のアドバイスの下、個人輸入をするようにしてくださいね。

軽はずみに医薬品を購入する事だけは絶対に避けてくださいね。
ちょっとした油断で足元をすくわれるといったケースは多々ありますので。

とはいえ便利な方法が個人輸入代行業者の利用による医薬品の購入です。
上手に付き合って快適な生活が出来るようになればいいですね。

スイカで領収書を二重取り

スイカを利用して領収書を二重取りしている人が最近増えているようですね。
これって問題だと思いませんか?

どういうことかとういうとまずはスイカやパスモにお金をチャージして領収書を発行する。
そして今度は商品を購入する際にスイカやパスモなどの電子マネーで決済して領収書をもらう。

このような手法で領収書を二重取りしている人が最近増えているんです。
明らかな脱税行為ですね。

ばれないから良いのではなく、一定のモラルを持つことが大切なのではないでしょうか。
そんなことをみんなが実践すれば正直に税金を支払っている人たちが不公平感を覚えるのが当然です。

日本人として生まれ、日本人を愛するのならウソ偽りなく納税をするべきでしょう。
でも残念ながら日本人の経営者を見ていると節税ではなく脱税の方向性を模索している人が多いような気がします。

そしてそういう人は税金を支払っても国に無駄に使われるから支払いたくないというんです。確かに国が国民の血税を無駄に使用しているという側面は否定できないのですがそんな政治家たちを選んでいるのも私たちなのです。

政治家を批判するのももちろんですが、その前になぜ自分たちが利権に染まった人たちを政治家として認め国政に送り込んでいるのかをもっとしっかりと吟味し議論したほうがよいでしょうね。

話しが脱線しましたが国が無駄使いしているから税金をちょろまかして良いというロジックは成り立たないのです。スイカを利用しての領収書の二重取りなんてもってのほかだと私は思いますよ。

お金が足りない季節

正月休みも明け本日より今年初めての仕事の方も多いのではないでしょうか。
多くの方が9連休だったのでさぞかし本日はバタバタして大変だと思います。

それと同時に9連休あるってことはかなり散財した人もいることと思います。まぁこれは今年に限らず毎年いれることなんですが一月に借金をする人って多いですね。

12月にボーナスをもらっている方も多いのでしょうがそれ以上に出費してしまい1月の中旬あたりからお金に困る人が非常に増えてくるのです。

そんな時に便利なのがカードローンですね。
カードローンにも銀行系や消費者金融系のものなど色々あります。

どちらが良いと一言では言えないのですが、審査にある程度のゆとりを持てる方なら銀行系のカードローンで限度額を高めに設定すればかなり金利が安くなるのでおすすめです。

私はオリックス銀行カードローンを持っていますが、かなり便利ですね。
所得証明も300万円までなら不要ですし、セブンイレブンなどのコンビニ、全国7万箇所以上からいつでも引き落としで切るので重宝しています。

ただ急ぎですぐにキャッシングをするためのカードローンを作りたいと希望されている方も多いでしょう。
そういう方はプロミスなどの消費者金融系のカードローンを作ると良いでしょう。

即日審査で午前中までに全ての手続きを終わらせることが出来れば即日融資も可能です。
また現在の消費者金融では昔みたいなグレーゾーン金利を取ることが出来なくなりましたので高額な利息で苦しむといったこともなさそうですよ。

まぁもちろん借金ですからむやみやたらとするものじゃありませんが、どうしてもお金が足りない季節には役立つのも事実です。

計画的に利用すればかなり便利ですよ。ただ浪費家の方はカードローンは作らない方が良いでしょう。

冷凍食品も信用できない

冷凍食品から農薬が検出された問題が今クローズアップされています。
外部の人間が立ち入りした形跡が認められないことから内部の人間による意図的な農薬混入だと言われています。

この事件、非常に怖いですね。
安心が当然だと全く疑わないで口にするものに毒が混入している可能性があるのですから。

でもこの事件は自分の安全ボケを見直させてくれる良いきっかけになりました。
日本の食品なら常に安全だと最近信じていましたから。

でも誰か悪意の持った人間一人が入っただけで食品が凶器に変わるという事を認識されられ色々考えさせられました。

とはいえどの食品にどのような悪意が入り混じっているのかを判別するかなんて出来っこありませんよね。
そうすると食品を製造している企業側に今まで以上に最新の注意を払ってもらうしかありません。

ライン上で行われている工程の全てを録画するなどの対策を講ずる必要があると思います。
不信感ばかりでは人間生きていけませんが、信じて信じて裏切られるのもただただ悔しいものです。

自分の身は自分で守るという姿勢を少なからず平和なこの日本でも持ち続けることが大切だと思います。
もちろんどれだけ注意をしていても悲劇は突然起こるという事は分かっていますが、気持ちを引き締めることで防ぐことが出来ることも多々あると思いますから。

 

闇金対策するなら専門家に相談すべし

総量規制とういう法律(年収の3分の1未満しか融資を受けることが出来ない)が執行されてから重要な問題点が浮上しました。

それは闇金業者の台頭です。
消費者金融はグレーゾーン金利の廃止による過払い請求で軒並み倒産することになりました。

そこで暗躍してきたのが闇金です。昔は多重債務者がどうしようもなく最終的な手段として闇金に手を出す場合が多かったのですが、
どうやら最近は違うようです。

総量規制でお金を借りることが出来なくなったがまだなんとか多重債務者には陥っていない人が
闇金に手を出すようになったんです。

これはゆゆしき問題ですね。
そして闇金に手を出した人は、闇金からの脅迫じみた取立てや脅しに屈して誰にも相談できず
ただただ定期的な支払いに追われて精神も疲弊し金銭的にも疲弊していきます。

そんな人が最近非常に増えているんです。
でも闇金対策として有効な手段は一つしかないんです。

それは簡単。闇金対応専門の弁護士や司法書士に相談することです。
そしてそれらの専門家と警察とで連携をとって闇金業者を追い詰めていくのです。

もちろん逆恨みされる可能性がゼロではありません。
ただ法律の専門家や警察が実際に動き始めたら業者はあせるものです。

プレッシャーを感じるからこそ最初に脅して警察や弁護士などに相談するなと言ってくるんですね。
相手がダメだといっていることを実践することが一番効果があるのもなんです。

なのでもしあなたが闇金問題で悩んでいるのならすぐに法律の専門家に相談するようにしましょう。
必ずや解決の糸口が見えてくるはずです。

クリスマスは浮気が横行

クリスマスの事を聖夜と言いますが、これは綺麗ごとなのかもしれません。
本日はクリスマス。愛する男性と女性が大切な時間を過ごす一日。

愛の証拠としてプレゼントを渡し、世間は大いに盛り上がっています。
そんなみんなが盛り上がっている中、私はコツコツとブログを書いているのだから我ながら感心します。

確かにクリスマスというイベントでは多くの人が幸せを満喫していることでしょう。
でもそこだけに焦点をあてるのもどうかと思うのです。

どういうことかというとクリスマスで幸せな気分を満喫している一方で失意のどん底にいる不幸な人もいるのです。具体的にどういう人かというと浮気をされている方ですね。

信じていたのに裏切られる。これほど悔しいことはありません。
そして残念ながらクリスマスというのは一番浮気が横行する日なんです。

世の中はとても厳しいものです。
でも浮気されたままやきもちした状態で過ごすのは精神衛生上良くありません。

クリスマスに浮気をしている可能性がある。
そのような可能性がある場合にはしっかりと白黒つけるべきです。

そんな場合は妻の浮気調査すると良いでしょう。
男性だったら夫の浮気調査ですね。

浮気調査を依頼するのは探偵にするのが一番です。
彼らはシャーロックホームズみたいに難解な事件を解決する正義のヒーローではありませんが、浮気調査の実力は確かにあります。

というかメインの業務が浮気調査なのですから。もし浮気されていたとするのならしっかりと裏を取って白黒つけたほうが気持ちが楽になりますよ。

証拠を相手につきつけて分かれるのも良し。悔い改めさせてもう一度やり直すのも良し。
何もわからないという状態が一番いけないと思います。

万が一クリスマスの今日、パートナーの事が不審だと感じたのなら探偵に浮気調査を依頼してはっきりと事実を確認するのもありだと思います。

例え結果が残酷なものであろうとも。

プロペシアで薄毛の悩みは解消できます

薄毛でお悩みの方、最近薄毛になっていることを指摘された方、いよいよ自分にもきたか…と、あきらめていませんか?薄毛は今や「治す」時代なんですよ!

薄毛とはヘアサイクルが乱れて「髪が薄くなる」状態のことをいいます。それは男性ホルモンの影響だったり、遺伝だったり、はたまた食事や生活習慣の乱れによりおこりますが、その“ヘアサイクル”を利用し、正常なサイクルに戻すことによって抜け毛を予防し、きちんと髪が生えてくるための土台をつくる作用がある“育毛剤”がいま注目されています。

それが「プロペシア」というお薬です。

育毛剤というと頭に塗ったりするものを思い浮かべますが、プロペシアは身体の内部から治療する“飲む育毛剤”なのです。ピンとこないかもしれませんが、1日1回1錠サプリメントのように飲むだけです。

プロペシアの服用者の約98%にAGA(男性型脱毛症)の進行抑制が認められたといいます。

さらに、3年以上服用されている方については78%の方に増毛効果がみられたというから驚きです。プロペシアは世界中でとても人気のある育毛剤なのですが、残念ながら病院の処方箋が必要になるので市販のドラックストアなどで入手することはできません。

また病院に行きながら長期にわたり治療となると費用もかなりかかってきてしまいます。そこでおすすめなのが、個人輸入代行業者を利用してネット通販で購入すること。

通院を考えると約半額程度で購入できるので、継続して服用することを考えるとその方が断然お得です。興味を持った方は悩む前に一度検索してみてください。

今まで薄毛は一度なったら治らないもので、育毛剤なんて気休め程度だと思っている方はこのプロペシアという育毛剤を試してみると良いでしょう。

国からも医薬品として効果があると認定されている飲む育毛剤がどれくらいの効果なのかを実体験を持って確認してみることをおすすめします。おそらく継続して飲み続ければかなりの高確率で薄毛を改善できると思いますよ。

なおプロペシアはAGA(男性型脱毛症)専用の育毛剤なのでAGA以外の薄毛や女性には効果がありませんのでその点はしっかりと理解したうえで使用するようにしましょう。

カジノの合法化で日本はどうなるか

カジノの合法化で日本はどのようになるのでしょうか。

間違いなく日本の経済は潤うでしょうね。
やはりギャンブルというのはドラッグみたいに中毒性があるものだから、どんどんお金をつぎ込んでしまう人がいるでしょう。

実に経済効果は7兆円以上と言われていますが、もっともっと経済効果はあるでしょうね。
そして観光事業も活発化することになると思います。

日本ではお台場が候補地として上がっているのですが果たしてどこになるんでしょうね。
ただカジノ合法化で日本の経済が活気付くという反面、カジノで人生を棒に振る人も出てくるでしょう。

パチンコなどのギャンブルではせいぜいどんなに大きく負けても一日20万程度ですが、カジノでは20万なんて一瞬で消えさります。

なのでお金に困る人は続出すると思います。カジノの合法化に向けてそういったギャンブル中毒になっている人を救済する制度やギャンブルに力を入れすぎている人が出入り禁止になるような制度もつくらなければならないでしょうね。

カジノが解禁になったシンガポールでも家族が国に申請すれば本人の立ち入りが禁止に出来る制度になっているので、そういった保護策を講じることが必須になってくるでしょう。

私が懸念するのはお金で困窮している人をターゲットとした闇金の台頭です。
おそらく有名企業で何も不自由のない生活を送っていた人が一気に貯金を使い果たすというケースも続出するでしょうから、闇金とは縁のなかった人が闇金などに手を染める可能性は非常に高いと思います。

実際に海外のカジノでもローンシャークという闇金がカジノで虎視眈々とギャンブルで負けが込んでいる客をターゲットにお金を貸し暴利をむさぼっているという現状がございます。

違法な金融業者を徹底的に排除するような施策も必要ですね。
日本の国民の保護をしっかりとさせ、万が一全てを失った人を救済する制度が確立されなければカジノ合法化は大きな闇をかかえることになるでしょう。

他方カジノの経済効果は凄まじいものがあると思うので日本経済活性化のカンフル剤になることも間違いないでしょう。

なんでもそうですが要はバランスが大切です。しっかりと枠組みを綿密に作ってカジノの合法化を実現させて頂きたいとわたくしは個人的に思っています。

猪瀬知事の辞任について思う事

せっかく東京オリンピック誘致に成功したのに、徳洲会からの5000万円事件で辞職に追い込まれた猪瀬知事。

なんか非常に残念だと思います。別に止める必要もないと思っていたんですけどね。 現段階で猪瀬知事よりも上手に東京都政を回せる人がいるのかが不安です。

私にとって5000万円の問題なんてどーでも良いんです。 それが賄賂でもなんでもどーでも良いですね。

しっかりと東京を発展させ日本をアピールするために尽力するのならそれくらいの金、別にほっといてあげればよいのにと思います。

もちろん無制限ってわけじゃないけど度を超えてない場合位見逃せばよいのに。

実際に今猪瀬知事よりも都政を上手に運営出来る人ってあまりいないと思うんですよね。まぁ不正にお金を授受することは問題だけど能力が高いバランスの取れた人が知事をやるべきですよね。

トップが変わるってことは組織図も変わるわけだから次の人を選出するにしても冷静に人を選択しないといけないですね。

これは想像なんですがおそらく次に知事になる人は政治力に問題がある人で、結局また議会から反対を食らって辞任に追い込まれるってパターンになりそうな気がしてなりません。

組織でコロコロとトップを変えることって本当に良くないと思うんです。 今も安倍首相でトップがかわらないから国政も安定しているけど、首相がコロコロ変わる時って経済も外交も弱くなって日本の発展が阻害されますからね。

悪いことは悪いとは思うのですが、大局的に見て何が一番ベストなのかをみんなで考えて行かなければなりませんね。

難しい問題です。